車の購入時がおすすめな理由とは?

民間の損害保険会社で提供されている自動車保険は好きなタイミングで加入することができますが、できるだけ車の購入時に手続きを行うようにしたいものです。理由は、購入後にしてしまうと、加入するまでの間に交通事故に遭遇してしまったときに、多額の損害賠償金の大部分を自分自身で負担しなければならなくなるからです。法律で加入が義務付けられている自動車損害賠償責任(自賠責)保険は対人補償のみの保険であり、対物補償はありません。したがって、事故で物的被害が出た場合は、民間の自動車保険に加入していないと損害賠償金をすべて自己負担することになります。対人補償についても、自賠責保険は最低限の補償を確保するのが目的であることから、上限額が3,000万円となっており、賠償金が上限を上回ると超過分を自己負担しなければなりません。

購入時に加入した場合の自動車保険料の取り扱いはどうなる?

自動車の購入では、手続きをしてから納車されるまでに間があくケースが多いですが、仮に購入と同時に損害保険会社と自動車保険の契約を結んでしまったとしても、納車までの間の保険料が加算されることはありません。保険料がかかるようになるのは保険期間が始まる日からなので、保険期間の開始日を納車日にすれば、購入手続きをした日から納車日の前日までの保険料が自ずとゼロになるからです。自動車保険を販売している損害保険会社では、車が納車されていない場合は納車日を、既に納車済みの場合はできるだけ早い時期を保険期間の開始日に設定することを推奨しています。買い替えに伴う自動車保険の車両入替の手続きにおいても同様で、買い替えた車の納車日を契約変更日とすることで、新しい車を安心して使用することができます。