自賠責保険の内容を知る

自動車は短時間で移動ができる、荷物を多く乗せられるなどとても便利な存在ですが、交通事故のリスクもあります。安全運転を心がけることはもちろん大切ですが、自分は気を付けていても事故に巻き込まれる可能性もあります。もしもに備えて自動車保険には加入しておきたいものです。自動車保険は大きく分けて2種類ありますが、ひとつは契約が義務付けられている自賠責保険です。自賠責保険に加入せずに運転をすると法律などにより処罰されることもありますし、車検を通すこともできません。この保険は自動車事故の被害者の救済を目的としており、補償の範囲は対人事故の賠償損害のみとなっています。それゆえ、相手の車が損傷した場合や、自分がケガをした場合や本人の車が破損したときは補償されません。支払い限度額も上限がありますので、事故の内容によっては、自賠責保険だけでは補償が足りない可能性もあります。

任意保険にも加入しよう

自賠責保険も、事故の際には役立ちますが、補償が十分ではない場合は、不足した分を自分で用意することになります。その金額はときには数千万円や億になることもあるので、個人で用意するのはかなり難しいといえます。自賠責保険だけでは補いきれない分も任意保険に加入しておけば、十分な補償を得ることができます。任意保険に加入すると保険料の負担は増えますが、自賠責保険では不足している分を補うことができます。任意保険なら本人がケガをした場合も補償を得ることができますし、対物補償もあるので、車や建物や電柱などを破損させたときも補償が得られるので安心です。任意保険は実に多くの種類があり、補償内容や保険料もそれぞれ違いがあります。事故対応が良いことも大事ですので、じっくりと比較して最適な保険を選びましょう。