自賠責保険の存在意義について

強制保険とも呼ばれている自賠責保険は法律で加入義務が決まっています。加入せずに車両を走行させるのはもちろん、加入済みでも証明書を持っていないだけで刑罰の対象になってしまうのです。それほど重要な保険ですが、補償対象は相手側の人に限定されています。車両などの物品はどれほど損壊しても一切補償されません。また、対人補償の金額も上限があり、もっとも高額な後遺障害補償でも4000万円が限度です。決して十分な補償とは言えない自賠責保険ですが、これは自動車保険が普及していなかった時代に交通事故の被害者を救済する目的で設けられた制度であることが大きな理由です。金額に上限があるのは賠償金を支払う加害者の経済的な負担を補てんする意味があるためです。

物損事故を補償するには任意保険の加入が必須

自賠責保険は対人補償の補てんを目的とした保険なので、物損事故に関する補償はありません。しかし、交通事故の多くは物損も伴うため、自賠責保険だけでは賠償金がまったく足りないと言えるでしょう。十分な補償を受けるには任意保険の加入は必須条件です。保険会社によって補償プランが異なるので、自身の運転スタイルに合わせて契約することが重要になります。また、任意保険は自賠責保険では足りない補償を補う意味を持つ保険です。自賠責保険に加入して初めて、任意保険にも加入ができることを忘れてはいけません。自賠責保険に加入せず任意保険に加入することはできません。また、任意保険に加入しても自賠責保険が失効するとその時点で補償を受けられないので注意が必要です。