契約者によって料金が変わる

任意で加入する自動車保険には通販型と対面型があり、それぞれ特徴が異なります。対面型は保険サービスと直接やりとりをするのではなく、代理店を挟む形です。そのため、代理店に支払う手数料が発生する場合がほとんどです。それに対して通販型は、代理店を挟まず保険サービスと直接契約を結ぶため、料金が安くなりやすいです。ただ、通販型は年齢や過去の事故歴などによって料金が高くなる傾向があるので、最終的には対面型の方が安くなるというパターンも考えられます。したがって、保険料を最重要視する場合は、あらかじめ提示されている料金の情報だけで決めてしまうのは避けましょう。通販型と対面型の両方で、自身の情報を加味した結果、条件が良くなる方を選ぶようにするのが望ましいです。

サポートの充実度で決める

契約を結ぶことを考えた場合、対面型は代理店の人と直接話し合いながらどの契約にするかを決めることができます。それに対して通販型は、自身で色々な情報を得た上で、どの契約にするかを決める必要があります。中にはチャットや電話でサービス側と相談できる通販型もありますが、対面型と比べるとやりとりがしにくいはずです。そのため、チャットや電話は補足説明を受けるためと考えた方が良いです。したがって、通販型は、基本的な情報を自身で集められるという人に向いていると言えるでしょう。そして、事故が発生した場合、通販型は現場まで来てはくれませんが、対面型だと代理店次第で来てくれるという違いもあります。そのことも考えて、自身で事故対応ができるかどうかで決めるのも良いでしょう。